茨城筑西市小栗・木造住宅が全焼の火事!原因はタバコか?焼け跡から3人の遺体

12日未明、茨城県筑西市で木造二階建ての住宅が全焼する火事がありました。

焼け跡からあ3人の遺体が発見されました。

この家に住んでいるとみられる家族3人と連絡が取れなくなっているとのことで、警察が調査しています。

深夜の住宅に一体何があったのでしょうか…

今回調査していきました。

スポンサーリンク



事故の概要

2日午前2時15分ごろ、茨城県筑西市小栗で、木造2階建て住宅と同じ敷地内にある木造平屋建ての計約130平方メートルが全焼する火災があった。約2時間後に鎮圧状態になったが、焼け跡から3人の遺体が見つかった。

県警などによると、この家の住人とみられる60代男女、30代男性と連絡がとれていないという。

出典:yahooニュース

12日午前2時頃に、

茨城県筑西市小栗の住宅から火が出ていると近くの住人から消防に通報がありました。

現場は木造平屋建ての計約130平方メートルが燃え、

4時間あまりで火は消し止められましたが、住宅は全焼しました。

焼け跡から3人が遺体で見つかったとのことです。

警察によりますと、この家には60代の夫婦と30代の息子の家族3人が住んでいるとみられ、火事のあとに3人と連絡が取れなくなっているということです。

木造住宅ということもあり、一瞬で燃えてしまったと考えられます。

寝静まっている深夜に起きた火災で、3人の方は起きる暇もなく、

家は火に包まれてしまった感じがします。

亡くなられた3人の方にご冥福お祈り申し上げます。

スポンサーリンク



茨城県筑西市小栗火災現場

現場は茨城県筑西市小栗で

JR水戸線の新治駅から北西におよそ5キロメートル離れた住宅や商店などが点在する地域です

出典:NHK おはよう日本

焼け跡から激しい火災だったのがわかります。

木造建築だからか、全て燃え切ってほぼ何も無くなったようです。

近隣の方が早く気づかなければ、もっと大きな火災になっていたと思うと怖いですね。

深夜の火災は音もなく徐々に進行して、気づいた時は手遅れになっているケースが多いようです。

そんな時こそ火災報知器の重要性が出てくるのでしょう。

普段から火災報知器が発動するか気にかけるのは大事ですね。

スポンサーリンク



原因はタバコか?

火災の原因はいまだに分かっていません。

今後の情報入り次第お知らせします。

ここ最近本当に深夜の火災が多いのですが、住宅火災の原因は、

・ガスコンロ

・タバコ

・放火

この順に多く発生しています。

深夜ということあり、ガスコンロというより、

深夜に起きてちょっと一服で起きた火災ではないかなと推測します。

深夜のタバコは火がちゃんと消えていることを確認するのが大事ですね。

スポンサーリンク



深夜の火災は中毒死が多い

 

この火災で亡くなられた3名の方のご冥福をお祈り申し上げたい。

深夜の火災は、焼死よりも、家人が就寝時に化学製品等の建材や家具の燃焼生成ガス(一酸化炭素他10種類の有毒性ガス)による中毒死が多い。

そのため、就寝中に警報音によって火災を知らせる、「住宅用火災警報器」が平成16年に義務化になったが、耐用年数は概ね10年といわれており、義務化から16年以上経った今、いざという時に鳴らない住宅用火災警報器が多く存在していることが予想されているため、是非、ご自宅の住宅用火災警報器の作動状況をチェックして欲しい。

また、できれば、建築基準法の防火基準に一日の内で、一番長い時間を過ごす、寝室の内装や塗料に一定の防火性能を持たせ、特に「寝室のドアを防火・耐熱化」することで、台所や居間で発生した就寝時の火災による燃焼生成ガスから、消防体の到着時まで、命を守ってくれる可能性が高くなるのではないかと思う。

元レスキュー隊 yahooコメより

とても参考になるコメントで引用させていだだきました。

焼死より中毒死の方が多いのはなんとなく理解してましたが、詳しい理由までは把握していなかったので、勉強になりました。

そしてまた火災報知器の重要性にも言及していますが、

確かにそうだと思います。

火災は防ごうと思っても絶対に防げるとは思ってません。

そんな時だからこそ、火災報知器なんだろうと思いました。

一年に一回くらいは作動するかの確認をするだけで、死亡火災は減るのかなと考えています。

スポンサーリンク



ネットの反応

近所に住んでいる者です。
夜中に突然の防災放送で目が覚めました。
田舎なので静かな夜に鳴り響くサイレンが不安感を煽りました。
ベランダから外を見てみると約1.5㎞先に大きな火が上がっていて、夜中にも関わらずその場所だけが明るくものすごい煙が目に付き、双眼鏡で観察すると立ち上る炎と火の粉の中に建物の骨組みがはっきりと見えました。通報された時点で既に火は回りきってしまっていたみたいです。
駆けつけた消防がライトで照らしたのでしょう、白い明かりがより一層煙を見やすくさせて、黒い煙から白い煙に変わるのに約1時間かかりました。この時およそ3時10分。
それからさらに完全鎮火するまで3時間。
消防隊のみならず、警察や救急の方も来ていたことでしょう。
深夜から朝にかけて本当にお疲れさまでした。

そして、同じ地区内に住んでいたのですからどこかですれ違っていたでしょう3人の方々のご冥福を祈ります。

以前、義父がたばこの不始末で軽くボヤがありました。
火災報知器が作動して「家事です家事です」と鳴った時はびっくりしました。

それで思ったことは、扉が閉まっていたら気付いた時にはモックモクです。

消化器も無ければ、連携プレーで水をかけ続けるしかありません

そんな被害は無かったですが、たったそれだけで焦げ臭い臭いは一週間かそれ以上残っていました。

出来る限り、自分達でどうにかしようと心理が働きますが…もう火があがったら消防にすぐ電話する事です。

この方は夜中なので、寝ていたのでしょうね…

最近火災のニュースが多いですね。
乾燥時期なので、あっという間に広がってしまうから被害が大きくなる。
出しても貰っても大変な事になるので注意しましょう。

木造が何十年も火事にならなく保ってるのって実はスゴい事なんだと思う。閃きが悪ければあっという間に。
家は築50年だけど一度だけキッチンが火の海、、結局ボヤで済みました。ガスやストーブ何てのは皆さん気をつけてますが盲点な機器もあります。家は電気炊飯器の漏電でした。フタのパッキン悪くなったり、閉めが甘いと沸騰したお湯がマグネットのコンセントにかかりそこから発火してました(>_<)

賃貸住宅なら住宅用火災報知器の設置は家主の責任。
自己所有物件なら、報知器設置が義務付けられているとはいえ
実際に設置するか否かは自己責任。

設置していない場合、最悪なのは一酸化炭素中毒になって意識があるのに体が全く動かなくなって避難できない状態です。自身が焼死するのをひたすら待つのです・・・

住宅用火災報知器は設置しましょう!!!

真夜中に火災発生なんて原因は何なんだろう。
各地で最近火事のニュースが多い。どんな原因があったかはわからないが、やはり火の始末には注意しなければと思う。
3人の方はこの家のご家族だと思う。このような最期になってしまったが、せめて安らかに、と言いたい。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)