細川満の顔やFacebookは?飲酒を否定!本当は?車で工事現場へ突っ込む

4月2日午後11時過ぎ、飲酒をし交通警備を行っていた男性を車ではねて怪我をさせたとする罪で細川満(47歳)が逮捕されました。

しかし、取り調べによると飲酒は否定してします。

本当のところはどうなのでしょうか?

細川満容疑者について調べてみましょう

 

 

スポンサーリンク
 

 

事故概要

2日午後11時すぎ、名古屋市昭和区広路町で、工事のために道路を塞いでいた柵に軽ワゴン車が衝突し、そのまま交通整理をしていた56歳の警備員の男性をはねました。  男性は足などに打撲と擦り傷のケガをしましたが、命に別条はないということです。  軽ワゴン車の運転手は酒を飲んでいたことが分かったため、警察が過失運転致傷と酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。  逮捕されたのは住所不定の自営業・細川満容疑者(47)で、調べに対し「ケガをさせたことに間違いありません。酒気を帯びていたと言われましたがそれについては認められません」と一部容疑を否認しています。

引用:Yahooニュース

交通整理をしていた警備員をひくとは、通常の判断がつく大人にとっては、異常な行動に思えます。

簡単に飲酒を疑ってしまいますが・・・本人は否定。

しかし、警察は飲酒が分かったと言っており飲酒検査の元、容疑を確定させたはずです。

逃れようのないウソですね。

 

スポンサーリンク
 

事故現場

事故現場では、柵があり軽自動車を運転する細川容疑者は、直接には柵にぶつかった様子です。交通整理をしていた56歳の男性はもちろん柵の前にいて、目立つ姿で誘導していたはずです。

気づかないは通用しないと思われます。

 

住所の公開は名古屋市昭和区広路町とのこと、下記をご覧ください。

事故現場は住宅街で、スピードを出して走行するような大通りではないため、警備員が誘導してもらえていれば、工事現場に突っ込むようなことはありません。

やはり、冷静を欠いた事故だと考えられます。

工事現場で交通整理を行い誘導していた、56歳の男性は、擦り傷程度の怪我ですんだ事が

不幸中の幸いです。

しかも柵があったとのことでしたので、柵のおかげで命拾いしたかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
 

細川満容疑者について

名前:細川 満(ほそかわ みつる)

年齢:47歳

住所:住所不定

職業:自営業

容疑:過失運転致傷、酒気帯び運転の疑い

 

住所不定ってどういう事でしょうか??

仕事をする上で住所は、必要になることが多いと思いますし、ましてや自営業…

自由業の間違いなのでは?

47歳の自営業と聞くと、きちんとした紳士をイメージしてしまいますが、違うようです。

 

それとも、何らかのつじつまが合わなくても、もみ消さなければならない事があるのか?

考えすぎでしょうか…

 

スポンサーリンク
 

 

本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

世間の声

酒を飲んでの運転で人にケガさせたり死亡させた場合は、未必の故意を必ず適用して、殺人罪や傷害罪にしても一向に構わないと思う。

 

この程度の人間が運転できる凶器がある事が恐怖でしかない、しかも飲酒なら保険も出ないはずだから轢かれた側は完全に損をするだけ、民事で訴えても支払い能力がなければそれまで、被害者は絶対に医療費を払わなければならないが加害者は法律で守られてるので支払わなくても大丈夫、法律は完全に犯罪者にしか考慮してないので仕方ない。

 

アルコールが検知されていながら認めようとしないような奴は人として欠落している者であるから凶器となる車の運転は一生させてはならない。
自己抑制も出来ない犯罪者に刃物を持たせて町中を歩かせているようなもの。
更に飲酒を認めず罪が軽くなるようなら、認めなければ殺人未遂でも許されると勘違いするだろう。
正直者が馬鹿を見る世の中にしないで欲しい!

 

報道発表で勘弁してほしいのは、「自営業・住所不定」「住所不定無職」「住所不定の会社員」って、ま、住所不定無職は想像できるが他は理解できない。住所不定で会社勤めができるのかが不思議です。住所不定の自営業って何なんでしょうね。ま、後は最近よくある「警察は不起訴の理由を明らかにしていません」って、犯罪で逮捕拘束されて起訴されないのは庶民から見れば、大物政治家が動いたか警察・検察の身内だったと判断するしかない。

 

たまた飲酒運転による死亡事故?本当に本当にもう「厳罰化」しかない。飲酒運転は「過失」ではありません。殺人罪も視野に入れた早急の道交法の改正を望む。

 

飲酒運転で捕まったら殺人未遂、死亡事故を起こした際は殺人罪にでもしない限り減らない。
今の罰則が軽すぎると思います。

 

現場の最前線に立っている警備員さんに頭が下がります。命があって良かったです。

 

虚偽の罪も重ねてるわけですよ

飲酒で人身事故は厳罰に処してください

 

自営業で住所不定ってどういうことだよ?

酒飲んで無いのに、酒臭いのか?

 

まだこんな奴がいるのが信じられない。
意識はしっかりしていても、人跳ねて殺したらどうなるのかわかってないのか?
こんな奴、人生を無駄にして刑務所に行けばいいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)