林武志君10歳!小学5年生が電車にはねられ死亡。家出理由がヤバい!東京北区栄町

1日夜、千葉県市原市に住む小学5年生(10歳)の

男の子、林武志君が普通電車にはねられて死亡するという

悲しい事故が起きました。

男の子はなぜ1人で線路内を歩いていたのか?

事故について調べてみました。

スポンサーリンク




事件概要

東京都北区栄町のJR東北線(宇都宮線)の線路で1日夜、男児が普通電車にはねられた事故で、死亡したのは千葉県市原市の小学5年の男児(10)と判明した。捜査関係者によると、男児は埼玉から千葉に家族で転居したばかりで、転居を拒み、行方不明になっていたという。警視庁滝野川署が詳しい経緯を調べている。  捜査関係者によると、男児は事故当日から行方不明となり、家族が千葉県警に届けていた。1日午後6時半ごろ、自宅の最寄りの防犯カメラに1人で東京方面の電車に乗る姿が写っていたという。  自宅からは貯金箱に入れていた1万円札がなくなっており、事故当時、男児はポリ袋に入れた現金約4千円を所持。埼玉の祖父母宅に向かった可能性もあるという。  事故は1日午後8時40分ごろに起きた。男児が熱海発宇都宮行き普通電車にはねられ、頭を強く打ち、搬送先の病院の死亡が確認された。  現場は尾久駅と赤羽駅の間で、約200メートル離れた場所には踏切があった。普通電車の運転士は「線路上を電車と同じ進行方向に向かって歩いていた」と話しているという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

1日夜、JR東北線(宇都宮線)の線路で、千葉県市原市の

小学5年生、林武志くんが、普通電車にはねられ

死亡しました。

武志君は埼玉から千葉に転居してきたばかりで、転居を拒んでいたそうだ。

5年生にもなると、前の学校の友達と離れたくない気持ちも

大きかったことでしょう。

また、新しい場所での不安もあったのでしょうか。

埼玉に祖父母宅があったそうなので、そこに向かった可能性も

あるという。

線路内を歩いていたということで、右も左もわからない場所から

線路をたどっていけばどこかに着くはず。

という思いもあったのでしょうか。

その思いとは裏腹に線路上を同じ進行方向に向かってきた

電車にはねられるなんて…。

この転居の時期、引越しをするご家族はたくさんいると

思います。そんな中の事故。

子供の気持ち、親の気持ち…。

なんとも悲しくなります。

スポンサーリンク



事故現場

尾久駅と赤羽駅の間でこの事故は起きました。

JR京浜東北線、王子駅の南東で、飛鳥山公園の近くだそう。

Googlemapで見るとこのあたりです。

200メートル先には踏み切りもあったそうだ。

出典:yahoo.co.jp

スポンサーリンク



家出理由

林武志君は、埼玉から千葉に転居してきたばかり

だったそうです。

「引っ越したくなかった」と言っていたことから

自分一人で埼玉の祖父母の家に行こうとしていたのかもしれません。

1日の午後6時半ごろに、出かけてくると言って

家を出たそうだが、午後6時半に小学生一人で

でかけさせますか?引っ越してきたまだ慣れていない場所なのに。

どこに行くのかなど聞かなかったのでしょうか。

息子の様子に変わったことはなかったのか…。

まさか自分だけで埼玉に戻るとも思ってもいなかったでしょうが…。

スポンサーリンク



ネットの声

この子の思いと、家族の思いと、色々と想像してもなんて言ったらいいのか……
悲しい気持ちになるね……

 

近々、子供たちを連れて転居する予定があるので余計に心が痛みました。
中学生の娘には意思確認を何度もしましたが、小学生息子にはしてないなぁ、と。

嫌だとは言われてないけどもう一度ゆっくり話そうと改めて思いました。

どんな事情かはわかりませんが。
子供の意思をどんな形で尊重したらいいのか、尊重したが故に大変なことにならないとも限らない。

本当に難しいですね。

とてもとても辛い事故です。

 

理由なく転居はしない。
嫌なのはわかるけど、線路を歩くのは・・・・
小5なら、駄目だと分かっていたはず。
親も後悔してるし、じゃあ、どうすればよかったのか。
子供だけ置いてくわけにはいかない。
親の会社の移動などで転居したなら、転居しないわけにはいかないし。

 

線路を歩いて埼玉に向かってたんだね。
転校が嫌だったんだね…可哀想に…
お父さん、お母さん自分たちを責めないでね線路を歩いて埼玉に向かってたんだね。
転校が嫌だったんだね…可哀想に…
お父さん、お母さん自分たちを責めないでね

 

この子の気持ちも分かるから辛い。うちの子たちも転校してからずっと戻りたいと言っているので本当に悲しい。
家族はもちろん、送り出した元クラスメートたちや先生たちも、向かっていただろう祖父母も……悲しすぎる結果になってしまった。元クラスメートたちの心のケアも大事になるかも。なんで線路上……本当に悔やまれる。

 

自殺目的で線路に入ったんじゃなくて
祖父母宅への冒険的な事だったんだろうか
転居は嫌だけど生きようとしてた
おとなでも引越しうつとかあるものね
ご遺族のお気持ちを思うと ただ悲痛
引越しは余裕ないモノだけど ケアが必要なんですね…

 

お悔やみ申し上げます。
家にも同じ年代の子供がいる。
小2の冬、転校させてからはしばらく地元に帰りたがった。
転勤族だからいつまた転校になるやもしれない。
大きくなるほど難しい問題にぶつかるな…と改めて考えさせられた。

 

これ、私の体験と照らし合わせると「線路を辿ればおうちに帰れる」と思っての行動かもしれないと思いました。
両親が別居中、徒歩5分だった小学校に往復3時間かけて通っていたのですが、自宅に帰りたくなり線路に沿って歩いて帰ろうかと思ったことがあったんです。
道を知らなくても線路なら繋がってるからね。
だんだん可哀想でしんどくなってきました。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)