岐阜県警本部内で覗き⁉巡査2名の顔、名前!計画的犯行か⁉

警察官による不祥事が発覚しました。

場所は岐阜県県庁本部内にある

脱衣所で同僚を覗き見るという

変態巡査2名が現れました。

自身の勤務地である場所

覗き相手が同僚

どうしようもないですね。

事件に関して詳細を調べてきました。

スポンサーリンク



概要

警察施設内の脱衣所にいる同僚職員をのぞき見たとして、岐阜県警が本部の部署に勤務する巡査2人を、それぞれ減給10分の1(3カ月)と同(1カ月)の懲戒処分にしていたことが30日、岐阜新聞の情報公開請求で分かった。処分は2月4日付。監察課によると、処分後に2人は依願退職した。

2人は共謀してのぞき行為をしていたとみられ、主導的に行為に及んでいた巡査に対してより重い処分を科した。県警の聴取に、2人は警察施設以外でののぞき行為は行っていない、と答えているという。

監察課は2人の行為が県迷惑行為防止条例(卑わいな行為の禁止)に抵触する可能性があるとした上で「発表事案ではないため、詳細は差し控える」とした。

https://www.gifu-np.co.jp/news/20210331/20210331-57393.html

減給の懲戒処分はあまりにも軽すぎますよね。

覗かれた同僚は精神的苦痛を受けた事でしょう。

それにしても警察事の不祥事で詳細は差し控えるとは

さすが身内には甘いですね!!

このような事があるから

世間で警察に対するクリーンな

イメージが上がりにくいのではないでしょうか。

スポンサーリンク



巡査2名の顔、名前

2名とも顔、名前が公表されてません。

いつもの警察の手口なのと

2名に関しては依願退職したとの事なので

これからもメディアからは公表される可能性は低いと考えられます。

独自で調査を行い情報が入り次第、公表したいと思います。

スポンサーリンク



覗きによる刑罰

公共の場所または公共の乗物において、通常衣服で隠されている他人の身体や下着を盗み見ることは「卑わいな言動」に当たるので、東京都の場合はこの規定に違反することになります。
のぞきが迷惑防止条例違反に該当する場合の刑罰は、多くの自治体で6か月以上の懲役または50万円以下の罰金と定められています。

https://best-legal.jp/peeping-arrested-22333#:~:text=%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%81%8D%E3%81%8C%E8%BF%B7%E6%83%91%E9%98%B2%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E4%BE%8B,%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%81%97%E3%81%9F%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

このように刑罰が定められてる中で

「発表事案ではないため、詳細は差し控える」とは

警察に対する信用問題にも関わりますね。

スポンサーリンク



SNS上の声

 

 

 

 

コメントを見る限り怒りのコメントや警察官に対し

呆れたコメントがほとんどです。

確かに怒りや呆れるコメントに共感できます。

警察官として公平に業務に

努めてもらいたいものですね。

又、身内内の不祥事でも甘やかさず

法律に則って判断を下してもらいたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)