【福岡県飯塚市伊川】3児死亡虐待か!父親の名前、顔は?動機は?飛び降りた理由

26日に福岡県飯塚市伊川県営団地で、9歳の男児が倒れているのが見つかりました。

父親は、25日に鹿児島県で身柄を確保されており、2,3歳児も死亡していたことが分かっていました。

どうやら虐待トラブルがあったようで、死亡原因がそうではないかとされています。

それでは、この飯塚で起こった悲惨なニュースの概要や父親に関する情報を詳しく調べていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

ニュース概要

 

これがニュースの記事になります。Yahoo!ニュースの速報で流されていました。

小4~2歳の3児死亡 父親、過去に虐待トラブル 福岡県警捜査

福岡県警は26日、同県飯塚市伊川の県営団地の一室で、男児が倒れて死亡しているのが見つかったと発表した。

同市の関係者によると、同居の父親は25日、鹿児島県内で身柄を確保されたが、一緒にいた2歳女児と3歳男児の死亡も確認された。

父親は過去に虐待が疑われるトラブルを起こしており、父親の行方を追っていた福岡県警は3児が死亡した経緯を調べている。  県警によると、男児の遺体は25日午後2時50分ごろに見つかった。2月中旬に死亡したとみられる。2歳児と3歳児は鹿児島県警が司法解剖した結果、殺害された可能性が高いという。

父親が乗っていたとみられるレンタカーは25日午前、宮崎県串間市の商業施設付近で見つかった。警察が防犯カメラなどを追跡して鹿児島市の桜島のホテルを突き止め、捜査員が突入したところ、父親は4階から飛び降りて現在治療中という。

飯塚市の関係者によると、団地の一室で死亡していた男児は小学4年の9歳。父親と、2歳と3歳の子どもと4人暮らしで、2020年4月に福岡市から飯塚市に転居した。母親は同12月に離婚したという。父親は福岡市にいた当時も子どもに対する虐待が疑われるトラブルを度々起こしており、児童相談所などの関係機関が一家の見守りを続けていた。【中里顕、荒木俊雄、大坪菜々美】

 

参照:Yahoo!ニュース

 

26日の福岡県の飯塚市伊川で9歳男児が死亡、2歳の女児、3歳の男児も25日に死亡していることが明らかになりました。

 

この子たちの父親は、25日に鹿児島県で捉えられています。

防犯カメラからホテルを特定し、捉えることができたとされていますね。

 

しかもこの父親は、4階の窓から飛び降りて、今現在治療中とのこと。

4階って相当の高さですよね?

現在治療中とあっさりと書かれていますが、かなり大けがをしているはずです。

大丈夫でしょうか。

とりあえず、治療が終わって、しっかりと事情を話せるようになって欲しいです。

9歳の男児が見つかったのは、県営団地で、放置車両の所有者を捜していた警察官が訪ねたためのようですね。

そのまま何カ月も放置にならなくて良かったです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

虐待疑惑の父親の名前は?

 

 

名前までは公開されていません。

でも、40代ということは確定しているようです。

いずれ公開されると思うので、その時また、きちんとお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

虐待疑惑の父親の顔は?

顔画像は公開されていませんね。

正式に逮捕になれば、公開されるかもしれません。

とくに、情報となるものもありませんでした。

 

残念ですが、次の報道を待ちましょう。

もし特定できれば、真っ先にお知らせします!

スポンサーリンク



 

 

 

 

虐待の動機は?

虐待トラブルがあったということは書かれていましたが、どういった内容かは分かりませんでした。

もう少し調べてみたいと思います。

母親とは離婚しているので、ストレス発散に手を挙げていたなどの可能性もありますね。

子どもの虐待は、どこの家庭にも起こり得ます。家族間のストレス、住居や経済的な問題、親子の孤立など、さまざまなことが虐待の引き金になります。子育てをする中で生じる不安や寂しさといった感情は、けっして特別なものではありません。虐待をしている親自身が悩み、やめたいと望んでいる場合も多いのです。虐待をする親と子どもには、周囲の温かい支えと適切な支援が必要です。孤立は虐待を悪化させます。

参照:虐待が起こる理由

参考までにこのページをご覧ください。虐待防止センター

父親が飛び降りた理由は?

警官がホテルに乗り込んだとき、窓から飛び降りたとありますが、逃げるつもりだったのか、罪悪感からだったのか、それとももともと死ぬつもりだったのか。

打ち所が悪ければ死ぬような高さです。

骨折だけで済んだ人もいますが、どうでしょうか。

下にもう一段何かあれば、逃げるためとかでもつじつまはあいそうですが、ホテルなので、そういうのはないですよね(よく知りませんが・・・)

意識不明の重体とかとも書いていないので、父親の状況が良く分かりません。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

子供は中旬に既に亡くなっていた!?

2、3歳児は、2月中旬には亡くなっていたことが分かりました。

父親に殺された疑いもあります。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

皆の反応は?

 

 

 

皆さんやはり将来を担う子供たちが理不尽な死を遂げたことに批判的になっているようです。

父親も母親もそうですが、児童相談所にも批判が飛んでいました。

たしかに、監視していたのにこのような事件に発展してしまっては、信頼も薄れてしまいます。

児童相談所からも何かしらの情報提供があってもいいと思います。

 

最後の1行。関係機関は見守りを続けていた、がこの結果。見守りって何?毎日親子の様子見に来たり?勿論してないよね。何故、度々虐待の疑いがある人物と一緒に生活させたのか?母親は離婚したとの事だけど、引き取らなかったのは、母親にも何らかの非があるのか?なら一層の事、児相に入れるべきでしょ。2020年4月に福岡市から転居してきたとあるが、児相間の引継ぎはきちんとなされていたのだろうか?

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

 

 

 

 

 

 

過去にも父親が虐待によると思われるトラブルを起こしていたのに、去年12月に離婚した母親が子供たちを引き取らなかったのか。
父親が手放さなかったのか、母親が置いて出て行ってしまったのか。
子供たちの絶望を考えるとやるせない。
児童相談所が見守っていたというのはこんな結果になってしまっては信用できない。

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

 

 

 

 

 

 

何度も虐待事件起こしていて、子供達をなんで保護しなかったの?母親は子供3人をこんな奴に押しつけて…母親の方がこいつよりも最低だったのか…子供捨てて自分1人で逃げたのか…
行政は何してたのか!今度も救える命だったはず。日本の宝を3人も殺された、誰が責任取るの?

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

最後に

児童相談所の監視下にあったというのも気になったので、少しだけ調べてみました。

一時保護はしなかったのかという意見もあったので、そちらについても調べました。

 緊急一時保護が必要か否かは、第3章通告・相談への対応及び、第4章調査および保護者・子どもへのアプローチとの一連の流れの中で判断しなければならない。 児童虐待防止法では、児童虐待に係る通告(児童虐待防止法第6条第1項)又は市町村等からの送致(児童福祉法第25条の7第1項第1号等)を受けた場合、子どもの安全の確認を行うよう努めるとともに、必要に応じ一時保護(児童福祉法第33条第1項)を行うものとされ、その実施に当たっては、速やかに行うよう努めなければならないとされている(児童虐待防止法第8条)。 この場合の「速やかに」は、何時間以内などのといった具体的な期限を示すものではないが、事例によっては直ちに安全の確認、緊急保護の必要な場合もある。 通告の段階で特に緊急性が予測される場合などには、直ちに対応すべきであるが、生命に関わるなど重大な事件が発生する前の対応を進める上で、休日や夜間に関わりなくできる限り速やかに対応する事を原則とすべきである。 これまでも児童相談所においては早期の安全確認及び一時保護の努力がなされているが、児童虐待防止法に基づく努力義務が課せられていることに留意しなければならない。参照:厚労省HP

 

 

児童相談所も大変ですが、このようなことにならないように何か策をうっていれば手遅れにならずに済んだのにと思ってしまいます。

 

自分には関係がないと思わずに、周りをしっかりとみて、このような事件を未然に防げるようにしていきたいですね。

大人一人一人が子供の未来を守る心構えを常日頃から持っていたいです。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)