青森県八戸市で殺人未遂!犯人は中学生男子!女子児童首に怪我!無差別の動機とは?

12日午後4時40分ごろ小学校高学年の女子生徒が一人で下校中、中学生男子に刃物で首を切り付けられ怪我を負いました。

その女子生徒を狙っての犯行か、それとも無差別に行った犯行か・・・。

凶器は?

犯人の顔写真は?

今回の事件を受けて学校側はどのような対応をしていくのでしょうか。

スポンサーリンク




事件概要

出典:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6342416

青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された中学生の少年(14)が「人を殺すことに興味があった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。「誰でもよかった」との内容の話もしているといい、県警が動機を詳しく調べている。

【写真】記者会見する青森県八戸市教委の伊藤博章教育長(中央)ら=2019年11月13日午後4時5分、青森県八戸市、横山蔵利撮影

県警によると、少年は12日午後4時40分ごろ、八戸市内の路上で、1人で下校途中だった女児に後ろから近づき、首の前部分を切りつけ、約3週間のけがを負わせた疑いがある。女児は首に長さ約10センチ、深さ最大約1センチの切り傷を負った。少年は「カッターナイフを使って殺すつもりだった」などと容疑を認めている。(仲川明里)

出典:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6342416

青森県八戸市で12日に小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、青森県警は同日夜、市内に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、13日発表した。「カッターナイフを使って殺すつもりだった」などとして容疑を認めているほか、捜査関係者によると「誰でもよかった」との趣旨の話をしているという。

女児が首を切られる 少年を殺人未遂容疑で逮捕 青森
県警によると、少年は12日午後4時40分ごろ、市内の路上で、1人で下校途中だった女児に後ろから近づいて首の前部分を切りつけ、約3週間のけがを負わせた疑いがある。女児は首に長さ約10センチ、深さ最大約1センチの切り傷を負ったが、命に別条はないという。

県警は現場付近の防犯カメラに少年が映っていたことから、事件に関与した可能性があるとみて捜査し、12日午後11時ごろに市内で緊急逮捕した。少年の自宅などからは複数のカッターナイフが見つかったといい、県警はいずれかのカッターナイフが事件で使われた可能性があるとみて調べている。

事件を受け、市教育委員会は13日午後に会見を開き、少年が事件当日も通常通り登校していたことなどを明らかにした。少年に関係したいじめやトラブルなどは確認されていないという。市教委は今後、学校からの要望に応じてスクールカウンセラーを配置し、児童・生徒たちの心のケアに努める意向を示した。(仲川明里、横山蔵利)

出典:https://www.asahi.com/

青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が14歳の中学生男子に首を切られる事件が発生しました。1人で下校中だった女子児童の背後から近づき、首の前を刃物で切りつけた。市内に住む少年は殺人未遂容疑で逮捕。「人を殺すことに興味があった」と供述しています。殺したい相手については「誰でも良かった」と話しており、県警は詳しく調べています。

スポンサーリンク




現場は青森県八戸市新田井西!

現場の詳細を調べていたところ、「青森県八戸市新田井西」の路上という記事を見つけました。

発表では、中学生は12日午後4時40分頃、同市新井田西の路上で、下校していた女児の首の前部を刃物で切りつけ、殺害しようとした疑い。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

被害に遭った女子生徒が登下校中でした。加害者の男子生徒も学校指定と推測されるリュックやカバンを持っていたことから下校中ではないかと感じました。つまりどちらも徒歩で通える距離内の学校なのでは?という推測のもと、この付近の小学校と中学校を調査しました。

この地図によると、八戸市立新井田小学校と、八戸市立大館中学校が近距離にあるようです。登下校時に偶然居合わせる可能性が高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク




少年は青森県八戸市在住!

スポンサーリンク




事件を起こした動機

 

 

出典:https://mainichi.jp/articles/

少年は警察で、「カッターナイフを使って殺すつもりだった」と供述しています。

また、「誰でもよかった」という発言があります。

さらに被害者の小学生女子児童は男子生徒のことを面識がないと話しているそうです。

このことから下校時にたまたま二人はその場に居合わせてしまったがために女子児童がターゲットにされてしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




凶器について

男子生徒は「カッターナイフを使って殺すつもりだった」と容疑を認めています。

さらにその証言を裏付けるかのように少年の自宅などから複数のカッターナイフが見つかっているといいます。県警はいずれかのカッターナイフが犯行に使用されたとみて調べています。

小学生女子児童の容体

女子児童は首に長さ約10センチ、深さ最大約1センチの切り傷を負いました。

全治3週間の怪我、命に別状はありません。

スポンサーリンク




犯人の顔写真

今回の通り魔事件に関しては犯人が中学生ということもあり、顔写真の特定はできませんでした。

その他犯人の中学生男子情報

名前:分かっていない

年齢:中学2年生の14歳

住んでいるところ:青森県八戸市

通っている中学校:八戸市立大館中学校ではないか?推測であり特定には至っていない。

罪:殺人未遂の疑い

スポンサーリンク




ネットの反応

殺してみたいな~って悶々としていた所に、たまたま自分よりも年下の女児が一人で歩いていた。

付いていく様子があるなら、やるならこの子だと狙いを定めたんだな。

いきなり首切られたし、深さ一センチもあるところがあるなんて相当怖かっただろうし、今も心も傷も痛かろう…。

これ未遂だからいずれは世に放たれるよな。マジでこういう感情を持ってる人が居ると思うと怖いんだけど。

何故?この様な思考に・・
家庭にも問題あるのだろう。
殺人にならなくて良かったと言うべきか。

考えようによっては、今逮捕されてよかったと思う。このまま野放しにしていたらこいつは令和の酒鬼薔薇聖斗になっていたかもしれないから。

加害者の性格は絶対矯正できないと思う。
被害者の方そしてみんなのために一生社会に出さないでほしい。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です