小坂孝雄74歳の顔!家族は?横浜港北で運転中パニック!小林靖子83歳に車で突っ込む

5月21日午前9時半過ぎ、横浜市北区の住宅街で民家に小坂孝雄容疑者(74歳)が車で突っ込み、家の中にいた小林靖子さん(83歳)が亡くなりました。

 

本人の供述ではブレーキの踏み間違いとの事ですが、どうやら民家に突っ込む前にも色々なものに衝突しているようです。

 

詳しく調べてみましょう

 

 

 

事件概要

 

 

神奈川県警港北署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた近くに住む無職の男(74)を現行犯逮捕。容疑を過失致死に切り替えて調べている。

調べに対し、容疑を認め「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」との趣旨の供述をしている。同容疑者にけがはなかった。

署によると、乗用車は女性宅のブロック塀に衝突し、車体の一部が家の中に突っ込む形で止まった。同容疑者の乗用車は事故直前に、別の住宅の塀や止めてあった車などにぶつかっていたといい、その後、急発進して女性宅に突っ込んだとみられる。

現場は市営地下鉄ブルーラインの新羽駅から北西に約600メートルの住宅街。

引用:yahooニュース

 

今回事故を起こしたのは、小坂孝雄容疑者(74歳)

無職で事故現場の近くに住んでいる方とのことです

 

供述では「アクセルとブレーキを踏み間違えた」とありますが、これは民家に突っ込む前の状態なのでしょう。

 

踏み間違えて、色々なものに衝突しさらにパニックになり、アクセル全開で民家に突っ込んでしまった様子です。

 

自宅で過ごされていた小林靖子さん(83歳)は、車の衝突に巻き込まれ病院に運ばれましたが、残念ながら亡くなられました。

 

そんなつもりはなかったにしても、ご自身の運転に過信があったように思います。

 

74歳とのことですが、大きな病気もなく健康であれば免許の返納もせずに車の運転をし続けている高齢者は、まだまだ多いと思います。

 

しかし思わぬところで事故は起きるものです。

 

今回の事故で、亡くなられた方もいらっしゃる点は本当に残念でなりません。

 

 

 

事故現場

 

 

報道では、事故が起こったのは横浜市港北区新羽町の住宅街で、市営地下鉄ブルーラインの新羽駅から北西に約600メートルとの事です

 

 

報道の写真とも一致しますので、このあたりではないかと思います。

 

 

事故現場と小坂孝雄容疑者の自宅は近所で、亡くなられた小林さんとは顔見知りだったのかもしれません。

 

しかし、家の中にいた状態で亡くなられるほどの衝突だったのでしょうか?

 

コンクリートのブロックを突き破って民家に衝突していますので、ほぼノンブレーキだった事が分かります。

 

 

 

小坂孝雄容疑者の家族は?

 

 

事故現場から自宅は、近所だったと言われていますが同居する家族はいなかったのでしょうか?

近所の住宅を見る限り、戸建てばかりで一人暮らしをするような環境ではありませんでした。

 

 

恐らく、同居している家族はいるものと思われます。

 

 

表札を取っている無名の住宅も数件見受けられましたので、空き家もあるのかもしれませんが、庭はきれいに整えられている家ばかりでしたので、長く同じ場所に家族で暮らしている方が多いのではないでしょうか?

 

 

環境を見る限り、町内会などもあるのではないかと思います。亡くなられた小林靖子さんと小坂孝雄容疑者が知り合いだとしたら、小林さんのご家族も大きな精神的打撃を受けているかと思いますが、本人も相当なショックを受けていることと思います

 

現時点では、小坂孝雄容疑者がどのような暮らしをしていたのか分かる情報はありませんでした。

新しい情報が入り次第、また改めて更新していきます。

 

 

 

 

本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢者の免許返納について

 

高齢者と呼ばれる年齢はいったい何歳から何でしょうか?

調べてみました。

目安の「高齢運転者」は70歳から

社会的に「高齢者」に入るのは65歳から、「高齢運転者」と呼ばれるのは70歳からですので、自主返納の目安は70歳前後と考えるとよいでしょう。しかし2018年のデータで返納者の平均年齢を計算すると76.96歳となり、75~79歳で返納する人の割合が4割近くでした。高齢者のなかで自主返納を意識するまでに、まだ少しずれがあるようです。ただ2019年は70~74歳の返納数が増加していますので、自主返納への意識が高くなっていることがわかります。

引用:https://whill.inc/jp/column/08_drivers-license

 

さらに、高齢者が免許を返納することで都道府県によって特典があるようです。

 

  • 公共交通機関や生活用品購入の割引サービス
  • 車の買取価格を通常より高額にしてくれる
  • 都道府県によりますが、配送無料サービス、バスの無料回数券やタクシー運賃の割引、電動カートの割引など、移動手段に対してのサービスが多いようです。

 

高齢者の運転に関して、現在コロナの影響で公共の交通機関を利用するのは怖いと感じている方も多く返納件数は、以前に比べて減っているようです。

 

しかし、途中で異変を感じた時に止ることができればよいのですが、今回のようにパニックになった結果、車を停車させることすらできずに突っ込み、人が亡くなられています。

 

強制的に免許の返納を行うことも考えなければならないのかもしれませんが、住んでいる場所や環境によっては、車がないと生活できない方もいらっしゃるかと思いますので現実的ではありません。

 

返納したいが、できない高齢者の方もいるのかもしれません。

 

 

 

世間の声

 

 

やはり高齢者の運転は怖いですね。
アクセルとブレーキの踏み間違いや逆走など結構あります。
自分では分からないが心身機能の低下とかもあり、今回も被害者宅に突っ込む前にも、ぶつけているので自信が無くなれば免許返納して欲しいです。
高齢者は自分が思っているほど動作が出来ていない場合が多いから。

 

 

マジで高齢者はマニュアル乗れなかったら免許返納とかにしよう。
マニュアルなら踏み間違えてこんな事故になることはない。
自分は今年マニュアルで免許を取得したが、マニュアルは運転中も気が抜けないし、まだ自分が不慣れということもあるけど、余裕こいて運転できるものでもない。
年々マニュアル車は減ってるし、マニュアルを取る理由がないという意見が見られるのも理解はできるが、こういう事故を見ると、せめて高齢者というか判断力等が鈍ってきてる人は、マニュアルに乗れなければ免許返納とかにしないと、踏み間違えによる事故は減らないと思う。
オートマは確かに楽だけど、だからといって危険なものであることに変わりはないし、オートマだからこそより一層注意して運転して欲しいなと思います。

 

 

私は、最後の記念受検で高齢者講習を受けました。認知機能検査結果は100点でした。
お陰様で運転免許証を取得することが出来ました。
記念受検でしたので、そのあと車は手放しました。

認知機能検査は三種類の試験問題をインターネットで事前に確認することができます。まず、三種類の問題用紙ですから、それを丸暗記すれば100点は誰でもとれます。

試験官の方が問題の説明をしているときに、的外れの質問をする人がいました。
シーンとしたなかで答えを記入しているときに自分が書いている答えをぶつぶつ言いながら書いている人もいました(試験官に注意されていたのですが、その後も何回か同じことをしていました)。
実地の時も、傍目で見ても危ない運転をしている人もいました。

これらの人も、皆合格でした。
落とすための講習では無いと言っていましたが、その通りでした。
これでは高齢者の事故は無くならないです。

 

 

最初の住宅の塀にぶつかった時に止まれよと。こんな運転をする高齢者があちこちにいると思うと恐ろしい。子供の列に突っ込んでいってからでは遅いぞ。

 

 

事故前も他の場所に当たっているのなら、「踏み間違えた」んじゃなく元から安全運転が出来ていなかった、運転不適切だったんでしょ。

 

 

自らの非を認めると即逮捕され
非を認めなければ逮捕を行わない
「法を知らない警察」「法を守らない警察」

同様の規模や被害においての事故でも警察の対応が違うのは何故?
交通事故に関しても警察の対応は都道府県、市町村
もっと言えば警察署、個々の警察官によって違うのでは?
同じ様な事故で被害でも一方の加害者は警察に事情を聴かれ
その日に家に帰らされ、一方は記事の様な容疑で即逮捕で勾留、
池袋の事件は例外的な警察の法を無視した犯罪行為だろうが
一般的な事故であっても首を捻る判断を警察がおこなっている事は
これって警察官が法律を知らないのでは?とすら思うよ
いや法を理解していたとしても
どうもその法が日本全国の警察の統一した法ではないらしい、
それか警察は人によって法を適用しているのだろうか?
その様に思われても致し方ない事が多すぎるでしょう
今の警察官には・・・。

 

 

何故にこの事故を高齢者だけと断罪するのでしょう。
免許取得初心者でもこの様な事故は多いと思います。
EV車はガソリン車より著しく加速が凄い事を知らせるべきで、メーカーは一定以上アクセルを踏んだ場合の危機装置を付けるべきです。

 

 

高齢者ドライバーのテロ行為はえげつない。それにしても、亡くなった人が不憫でならない。普通、家に居て交通事故に遭うなんて、全くの想定外ですよね。

 

 

レーキとアクセルを踏み間違えたとしても、普通は直ぐに踏み直すけど、年を取るとパニックになっちゃうのかな?

 

 

こんな自宅近くの路地でアチコチぶつかった挙句、住宅に突っ込むなんて考えられないな。
パニックになったらしいけどこんなドライバーに遭遇はしたくない。

 

 

今後こういう事件が起きたら警察や弁護士は
事故を起こした高齢者に必ず聞いて欲しい
「あなたは池袋暴走の件から何を学び 感じましたか?」と

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)