半年でTOEICのスコアが300点下がった話

8月(2017/8)に会社で受けたTOEICのスコアが返ってきました!

開けてびっくり、395点です。

リーディング160点はヤバイですね。
開けるときに強引に破いてしまって用紙も破れてしまいました。

半年でTOEICのスコアが695点→395点に

約半年前(2017/1)に受けたときは695点でした。

なんと、300点も下がってしまったのです。

理由は明白で、半年間TOEICの勉強を一切していなかったからです。自発的に勉強しないとここまで下がるんですね…

TOEICの点数の変遷

ちなみに、去年の今頃(2016/10)は445点でした。会社の内定式で受けたのでよく覚えています。

そこからひたすらTOEICの勉強をして695点まで上げました。決して高いスコアではありませんが、10月→1月の約3ヶ月で250点上がったので努力だけは認めてやって下さい笑

なぜTOEICを勉強したかというと、
・研究室が暇で時間があった
・入社までに英語力をつけるという目標があった
からです。

ほぼ毎日TOEICの問題を解き、週に3回は大学のTOEIC講座に出ていました。部屋にいるときは無駄にbloombargの英語ニュースを流していました。まぁ何言ってるかよく分かりませんでしたが。

参考 ブルームバーグ ライブTV

結果として、自分の目標だった600点を上回る695点まで上げることができたのです。

700点に届かなかったのは悔しかったですが、卒業間際になり忙しくなったのでTOEICの勉強は打ち切りました。

しかし、TOEICのスコアが上がったものの、自分の英語力が上がっている感覚は全くありませんでした。




TOEIC is a game. Just a game.

大学の時の私のnative teacherがしょっちゅう言っていた言葉です。TOEICの点数を上げたいと主張する私に彼はしばしばそう説きました。

TOEICはただのゲームに過ぎないと言うことです。

TOEICが未熟だった私は純粋に 英語力=TOEICのスコア と勘違いしてしまっていました。TOEICの点数さえ上がれば英語が得意になれると。

ちなみに、私の思う英語力は「読んで、書いて、聞いて、話せる」英語の力です。

実際、TOEICのスコアは勉強すれば短期間で上がります。本当に、ただのゲームに過ぎません。繰り返し訓練すればできるようになってしまいます。しかし、そこに英語力は関係ないことに気づきます。TOEICのスコアが上がってもbloombargの英語ニュースは意味不明なままだったからです。

今回、TOEICのスコアが強烈に下がりました。ここで私はさらに確信してしまいます。

訓練を止めるとスコアが下がる。TOEIC is just a gameということを…

TOEICを勉強する意味

では何のために大学や企業はTOEICのスコアを上げることを推奨しているのでしょうか?

①英語ができない人を足切りするため

元々英語ができる人は対策しなくてもTOEICのスコアはとれます。英語ができない人が対策しないと私みたいに300~400点代が関の山です。

効率よく、英語ができる人を集めたければTOEICの足切りスコアを500点くらいにしておけば英語ができる集団を確保することができます。

しかしその中にTOEIC力が高いだけの人が大勢いることを忘れてはいけません。

②目標に向けて勉強する習慣が備わっているかの指標

TOEICのスコアを上げるためにはひたすら訓練するしかありません。TOEICに限らず、勉強熱心な人は高く評価されますし、仕事でも結果も出すでしょう。

TOEICの高スコア保持者は、英語力を抜きにしても勉強の習慣がきちんとついていると判断することができます。

③(本当に)TOEIC力=英語力 だと考えている

私はそうは感じませんが、TOEICができるから英語もできると信じる人達はいると思います。

確かにTOEICの勉強を通してビジネス英単語を覚えられますし、メールくらいなら読めるようになりそうです。

「読んで、書いて、聞いて、話せる」ができるかは分かりません。

TOEICまとめ

本当に英語力があって、TOEICのスコアも高い人が最強です。看板に偽りなしな人間になりたいですね。

2018/10/2 追記

またTOEICの点数が下がりました笑

こんな点数見たことありません。

そんな私が一人でアメリカに行きました!
ラスベガス&グランドキャニオンに行ってきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です