千葉県の母親を撲殺した38歳娘の名前や顔・Facebookは?我慢できなかった?親子の関係

 

 

6月4日同居の母親を暴行して殺してしまったと我孫子署へ本人が連絡し、無職の38歳の女性が逮捕されました。

 

母親を娘が暴行とは、聞き間違ったのかと思いましたが本当のようです。

 

親子の関係は一体どうなっていたのでしょうか?

 

早速調べてみましょう。

 

 

 

 

 

事件概要

 

 

 

引用:yahooニュース

 

母親と38歳の娘は二人暮らしだったのでしょうか?

 

他に同居している家族がいれば普段のストレスは少し変わっていたかもしれません。

 

 

女性同士、親子となると遠慮や気遣いもなく思った事を言いがちです。ついカッとなってしまっての暴行だったのでしょうか?

 

しかし、やり過ぎのように思います。

普段からのうっぷんが爆発し勢いで行ったとしても、頭突き、殴る、蹴るなど継続して暴行する行為は殺意がないとできません。

 

 

同居する親子で、大人同士です。中々折り合えるところも分からなくなり、どちらかに極端なストレスが溜まっていたのでしょう。

 

こんな事になる前に、しっかりと距離を置くべきでした。残念でなりません。

 

 

 

 

 

事件現場はどこ?

 

報道によりますと千葉県我孫子市布佐平和台とありあます。

 

布佐平和台は、千葉県我孫子市東部にある、JR成田線布佐駅から新木駅にかけて、線路の南側に細長く広がる大規模開発住宅地である。

出典:Wiki

川沿いにある住宅街です。環境的には穏やかな場所のように感じます。

この住宅街中の一軒が事件現場となりました。

 

38歳の容疑者は70歳になる母と幼少の頃からここで暮らしていたのでしょう。他の家族の情報はなく、現在は二人で暮らしていたようですが父親の情報などは一切ありませんでした。

 

 

 

 

容疑者について

 

名前:不明

 

年齢:38歳

 

住所:千葉県我孫子市布佐平和台

 

職業:無職

 

容疑:殺人

 

残念ながら現時点では年齢と無職ということしか分かっておりません。

新たな情報が分かり次第更新していきますので、もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

親子関係は?

 

 

今回の事件は、起こるべくして起こってしまったのでしょうか?

 

もちろん暴力などいけませんが、そこに至るまでの背景や親子間のこれまでの付き合い方によってどちらが悪いとは言いにくい所もあります。

 

 

30歳を越えると、結婚したり、仕事などが安定して、実家をでる方が多いのですが、38歳の容疑者は何らかの理由で実家で母と暮らしていたとの事。

 

 

前向きな理由で、実家にいたのであればこんな事にもならなかったでしょうし、現代の40代前後の方は就職氷河期世代。若い時から我慢が必要だったり、思うようにならない事が多かった世代です。その上、現在はコロナの影響で経済は嵐の最中です。

 

 

今回、殺害された70歳の母親はバブル期の世代です。同様の感覚では価値観の相違が感じられる可能性もあるように思います。

 

 

ないことを祈りますが、幼少期に38歳の容疑者が母からDVなどを受けていたと仮定することもできます。

 

 

自分を生んでくれた母に対して、頭突き・殴る・蹴るの暴行の上で殺害は本当にひどい行為です。

相当な恨みがないと、一瞬の感情の高ぶりだけでは説明ができません。

 

 

様々な視点から事実を明確にすることで、現社会の改善すべき点も明らかになってくるような事件です。

 

お二人がどのような生活を送っていたのかは、現時点では明確にはなっていませんが、仲がよかったとは言い難い関係だったでしょう。

 

 

 

 

本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

世間の声

 

 

母親が子供を殺した時には育児ノイローゼと詳細も分からない内に言われて、実際、執行猶予率が異様に高い。子供を殺すのは実母が一番多いのに。母に虐待された子供たちの声を聞くと、単にストレス発散だったとか言ってるんだが。育児ノイローゼとか後付けで執行猶予を取るためか。

子供が母親を殺すことこそ特別な事情がないとしないのに、親を殺す子供のほうには、子殺し母とは違って厳しいのは、今でも尊属殺規定でもあるかのようだ。

 

 

メンヘラなんだとおもう

距離を置けるなら距離を置いて!

お互いのためにも!

家族でも大人になれば一種の人間関係!

それは
兄弟や姉妹関係も同じ!

親族でもある一定の距離は必要
だし、少しの礼儀もいる!

 

 

70歳の人に対し、頭突きや殴る蹴る・・・70歳の母親にどんな「怒り」があったのか。
このようなニュースで大事なのは、「怒り」の理由や背景です。
人のうちのことは分からないからこそ、このような悲しい事件を再発させないためにも。

 

 

無職では、母親なしで生活が成り立たない状況では?そういう人が親の命を奪う事件が目につきます。親のせいにして暴力をふるうようになる。家の中で歯止めが効かなくなる。
地獄だな・・親も子も

 

 

母親から暴力を受けて育ちました。
妊娠中も殴る蹴るの暴行を受けました。
この人と母親の関係はわからないけど、
紙一重なところがあるから
あっ遂にぷっつん切れちゃったのね、あっちの世界に行っちゃったかって。
そんなふうに感じました。
かと言って本当にあっちの世界には行かないよう身を守るため、絶対に一緒にも暮らさないし、受け入れない。
幸せに育ったパートナーはそんな私を軽蔑の目で見ます。親を大事になんで説教じみたことは言われたくない。私は自分と子供を守る。

 

 

この親子はどんな関係だったのだろう。

家族で殺人事件がおきる殆どの場合、記事を読むと同居しているケースが多いように思います。

育て方、育つ環境、精神疾患、経済、親離れ子離れ、確執など理由は分かりませんが、この先も親子間殺人は減らないように思います。

 

 

幼少期に虐待されてたとかの背景があったのだろうか。
単に癇癪持ちで日常的に暴行していたのなら酌量の余地はない。
他にも表面化されてない暴行案件はかなり多い気がする。

 

 

前に母親の酷い教育虐待に耐えられず、自由を得るために母親を殺した30代の娘の事件があった。
別の事件で、両親の離婚で母親の実家で祖母と母親、母親の娘(姉妹)で暮らしたけど、祖母と母親は娘たちを家政婦のようにこき使い、学校への登校もままならずに耐えられず妹が母親と祖母を殺害。姉が妹の殺害に手を貸したというのもあった。

殺人を許容する訳じゃないけど、親を殺さない限り得られない自由がある。
そんな毒親を持つ子供たちから、毒親を法的に引き離す法律が今すぐにも必要だよね。

 

 

無職って、母親の年金で生活してたのか?

 

 

この加害者女性、気は確かか…
母親を叩き殺すとは

 

 

頭突きに殴る蹴るか!
恐ろしい女だな!

 

 

母親もこの子を産んだ時、まさかこの子に殺されるとは夢にも思わなかったでしょう。
不良品を産んでしまうと、小さい時は可愛くても大人になってからが大変です…。

 

 

カッと来ても、そんなに技は出せないよ・・
せいぜい、出来ても平手打ち1発程度だと思う。
どうせ、すぐに出所してくる。でも、だれが養うのかね?
この女、無職だよ。税金使って、生活保護で養うのは嫌だわ。
そして、イライラしたら、また犯罪でしょ。結局、それの繰り返しなんだろうね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)