瀬戸内高松漁港で水上バイク火柱をあげ爆発炎上!原因は?水上バイクの危険性

5月23日午後1時10分ころ、高松市瀬戸内町の高松漁港で水上バイクが燃えていると通報が入りました。

男女3名が乗った水上バイクが爆発したとの事で、いったい何があったのか調べてみました。

 

 

 

4月26日 21:44

事故概要

 

「高松市瀬戸内町の高松漁港で水上オートバイが燃えている」と女性から118番通報がありました。

火は、30分後に消し止められましたが、水上オートバイのエンジン部分が燃え、女性2人、男性1人のあわせて3人が病院に運ばれました。

女性2人は親子で背中に打撲をし、船長の男性は右足首にけがをしました。  高松海上保安部によりますと、3人は水上オートバイに乗って海に出ようとエンジンを起動したところ爆発音とともに海上に投げ出されたということです。

(初期消火に当たった人は)  「見た当初は火柱が1.5メートルくらい上がっていて、海までずっと火が広がりよったから」  高松海上保安部などが火が出た原因について詳しく調べています。

引用:yahooニュース

さあ今から海に出よう!っとエンジンをかけたところ爆発した模様です。

水上での火災は、あまり見慣れないですよね。エンジン部分が爆発とのことみたいなので何等かの不備があったのでしょう。

 

それにしても、乗っていた男女3人がケガだけで済んで本当に良かったです。

 

しかし、火柱が1メートル以上あがっていたとのことですので、物凄い音と衝撃だったのでしょう。乗っていた3名も吹き飛ばされてケガを負ったようです。

 

 

 

4月26日 21:44

事故現場は?

出典:https://rubese.net/gurucomi001/?id=2305871

現場は高松漁港とのことですので、本当に水上バイクが海に入ってまもなかったのが伺えます。

 

付近は、釣りができるような場所もあるようですが漁港と少し離れており被害は最小限に収まったようです。

 

これから、夏を迎えマリンスポーツを楽しむ方も増えてくると思いますが、海水浴場での事故だったら巻き込まれた方もいたかもしれません。

 

今回は漁港なので周辺は他の船が距離をおいて、停留していた状態だった様子です。

 

 

 

4月26日 21:44

水上バイクの爆発原因

 

出典:ワイルドジェットスポーツマガジン

水上バイクは、エンジン部分が座席の真下にあるようです。

 

水流を活かし、ジェット噴射により動いているようなのですが、浅瀬やゴミが多い場所ではエンジンの動作に差し支え故障の原因になるので、利用は一定の深さなど細かい指定があります。

 

そして、ある取扱説明書には整備不良による火災や爆発の恐れがある点も明記されており、運転者や水上バイクの管理者は、使用にあたって注意が必要となります。

 

今回は、エンジンの爆発との事ですので原因は調査中ですが、可能性として挙げられるのは、気化したガスがエンジン内に充満していたにも関わらず、換気をすることなくエンジンを作動させてしまったのではないでしょうか?

 

 

 

4月26日 21:44

水上バイク(ジェットスキー)の死亡率

 

出典:運輸安全委員会ダイジェスト

一般の事故が何を指すのかは明確ではありませんが、陸上のバイクや乗り物に比べてということなのでしょう。

 

死亡率は3.5倍です!

 

死亡原因は、接触による事故が多いように思いますが、何と!水着で搭乗した際に肛門からジェット水流が入り、内臓損傷に繋がるなど意外なケガ?もあるようです。

 

しっかり知識のある、運転者と一緒に楽しまないと意外な事故に発展しかねませんね

 

 

4月26日 21:44

水上バイク(ジェットスキー)は誰でも乗れる?!

 

水上バイクに乗るためには、免許が必要です!!!

 

特殊小型免許を取得した方しか操縦はできません!!

 

近年は、無免許で運転したり、飲酒運転を行うなどして、事故に発展しているケースもあるようなので注意が必要です。

 

水上で夏の陽気に煽られて調子に乗ってしまう方もいるかもしれませんが、無免許、飲酒の運転はやめましょう!!

 

出典:ワイルドジェットスポーツマガジン

 

 

4月26日 21:44

世間の声

 

 

なんとなくですが・・・
水上バイクを運転している方々は、自分らが楽しければ、周りへの迷惑は顧みない輩が多い気がする。

楽しむ権利は主張するけど、周りへの安全や配慮という義務を果たそうとしないというか。

 

 

この方達がどうかはともかく、瀬戸内海での水上バイクのマナーの悪さは目に余る。
その上このような事案があると、ますます周りから煙たがられるから、整備等も含めしっかり対応しておいてほしい。

 

 

水上バイクは船内ガソリンエンジンであり、エンジン室に気化したガソリンがのガスが多少なりとも残っている事がある。エンジン始動する前に換気・掃気するのが基本中の基本。
免許を取得する際にこれを教育しない教習所が多いらしい。
特に水上バイクのエンジンスペースは密閉度が高く電気的(静電気含む)なスパークで爆発に至った場合は着座位置にも近く被災する危険度は高い。めったに起こることではないが、基本動作を怠ってはならない。

 

 

きちんと整備,点検をして乗ったのか?そのあたりの調査もお願いします。
それにしても、不要不急の外出をしていなければ今回の事故も起きてない。
この方々は分からないが、水上バイクのマナーの悪さが目立つ。もっと水上バイクに関する法も整備した方が良い。

 

 

何処に行ってもマナーが悪く、珍走する人達の乗り物です。日頃から点検整備も行っていないんですよ。

 

 

女性2人は親子で背中に打撲をし、船長の男性、、、」、、三人の関係が気になるのは、私だけだろうか、、?

 

 

ただただ乗るだけで、メンテもできねーのかね
燃料だけ入れとけばいいじゃないからねー
オイルへっても爆発はしないと思うけど
オイルにガソリン入れてしまつたかなー

 

 

コロナで大変な時にジェットですか?
お気楽ですね。

 

 

ガソリン漏れで、引火したのかな?
整備不良だね
うるさいし、危ないし、マナーも悪い
おまけに、2サイクルで水も汚す
漁業の邪魔ですから、禁止にしてほしいですね

 

 

うるさくて危ない。
禁止にしてくれ。
海の暴走族だわ。

 

 

マリンスポーツである水上バイクは、マナーと周囲への配慮や安全を第一に考え楽しまないといけませんね。

 

重大な事故に繋がりかねないので、注意も必要です。

 

それにしても、海上の緊急連絡は118番なんですね!勉強になります。覚えておくとどこかで役に立つかもしれません。

4月26日 21:44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)