今更LINE Payカード申し込みました

私はなるべく現金を使いたくない、カード至上主義です。

参考 私がクレジットカードを使う最大の理由

先日、友人から「LINE Payカードがお得だゾ」という話を聞いたので、自分でも調べてみました。今までなんとなーくLINE Pay=Edyみたいなものだと思っていましたが、どうやら結構違っていました笑




そもそもLINE Payって知ってますか?

みなさんが何の気なしに使ってるLINEに、実は決済機能や送金機能があるんです。それがLINE Payです。

ただ…あまり流行ってないように思います笑 会計でいちいちスマホ出すのもめんどくさいですし、送金も相手がLINE Pay使ってないと意味ないですからね…。

普通にクレカでいいじゃんってなります。Edyも同じです。わざわざチャージする手間がめんどくさい…。

LINE PayカードはそんなLINE Payの新機能?です!LINE Payがより現実世界で使いやすくなったという感じでしょうか。

LINE Payカードとは??

LINE Payの機能が使えるプリペイドカードです。今までにないようなカードなので理解するのに時間がかかりましたが、クレカとはまた違った役割が期待できます。

もちろん、入会費・年会費は無料です。

基本はチャージして使う

プリペイドカードなのでお金をLINE Pay口座にチャージして使います。銀行振込やPay-easyでチャージできるみたいですね、銀行振込がスマホだけで完結できるので一番カンタンそうです。
使う時はクレカと同じように会計時に出せばOKです。とりあえずJCB加盟店でカードが利用できるので困ることは少なそうです。

最大のメリットは還元率が2%

払ったお金の2%が返ってきます。クレカを愛用している方ならば還元率2%がどれほど破格かはご存知でしょう。

しかも、還元されたポイントはそのままLINE Payの口座に入るので何も考えずに現金と同じように使うことができます。

楽天スーパーポイントみたいに楽天加盟店でしか使えない…ということがないのはうれしいですね!

参考楽天スーパーポイントの使い道

いちいちカードの設定がめんどくさいですが、この2%の還元率と使いやすさを考えると全然アリだと思いました。

LINE Payの申し込み方法

LINEのアプリから簡単に申し込めました。LINEにこんな機能があったとは…

①LINE Payを押します。


②画面上の「ここをタップして…」のあたりを押します。


③6桁のパスワードを決めます。


④画面上の「今すぐ申し込む」のあたりを押します。


⑤「カードを申し込む」ボタンを押します。住所などを入力し、完了です!1〜2週間くらいで家にカードが届くみたいです。

LINE Payカードなら楽天カードに勝てるかも

プリペイドカードなので、当然ですがお金の後払いはできません。入金して(先払いして)決済します。

クレカの素晴らしいところは出費をあとに回すことができるので資金に余裕が生まれるところです。

ただ、LINE Payカードは還元率2%…しかもポイントがそのまま次の決済で使えるという大きなメリットがあります。

LINE Payの送金の機能も他に使う人が増えればかなり有用そうです。現金のやりとりをする必要がなくなるので、飲み会前にいちいち銀行からお金をおろしたりしなくてよくなります。

LINE Payカードが届いたら少し使ってみて、二枚のカードの決着をつけようと思います!

続き LINE Payカードが届いた!どう使う?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です