ラスベガス&グランドキャニオンに行ってきました 準備編

トップ画はグランドキャニオンです!

私がアメリカに行った時に準備したものをまとめます。

①パスポート

これがないと始まりません。
有楽町の交通会館にあるパスポートセンターで作ってきました。
http://www.kotsukaikan.co.jp/passport/
結構混んでるので注意が必要です。
申請完了まで1〜2時間くらい、一週間後以降に受け取りです。

パスポート用の顔写真を持っていきましょう、10年用のパスポート発行で16,000円かかります。

②飛行機・ホテルの予約

なるべく早くやりましょう。
私は1ヶ月前くらいにやりましたがほんとはもっと早くてもいいですね。

初めての海外旅行で色々と不安だったのでExpediaに電話してオペレーターに案内してもらいながら予約しました。
https://www.expedia.co.jp/
ただExpediaのオペレーターは微妙です。
だいたいは日本人じゃないので言葉が微妙に通じなかったりして意思疎通がしんどいです。予約に1時間半くらいかかりました、消耗します。

それと、あくまで旅行予約代行でしかないので旅行の日程相談にはのってくれません。
料金を調べてくれたりはしますが、「○○に行きたいなら■■に泊まると便利ですよ!」とかは教えてくれません。
料金も自分で調べたほうが早いです。
自分でGoogle map見るしかないですね。

で、ここで注意しないといけないのが自分の名前のアルファベットのつづりです。
私の場合まだパスポートを受け取っていなくて、名字がOHTAかOTAか忘れてしまっていました笑

とりあえずOTAで予約したんですが、受け取ったパスポート見たらしっかりOHTAだったので急いで訂正の電話をしました。
もしパスポートと予約情報でつづりが1字でも違うと入国できないこともあるっぽいです、、、

何とか追加料金無しで訂正できましたが、飛行機の空きがなかったりすると予約取り直しになるので要注意です。

飛行機代とホテル4泊分で12万円くらいでした、ただし現地のホテルでリゾートフィーを払わないといけないので実際はもっとかかります。

③ESTA申請

パスポートをゲットして飛行機・宿泊先が決まったらESTA申請ができるようになります。
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
ESTAは電子渡航認証と呼ばれるやつで、VISAの代わりに必ず申請しておく必要があります!!
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
ESTA公式サイトに行き、画面の指示に従ってぽちぽち入力していきましょう。
14ドルかかります。

で、注意しないといけないのがESTAの偽サイトです笑
どうやら申請代行の体を装っていて、50ドルくらい請求されるそうですが普通に自力でできるので使わない方がいいでしょう。
これとかです https://esta-center.com/

申請から審査がおりるまで1日でした。
ただ、回線の問題か分かりませんが申請の送信に時間がかかりタイムアウトしまくりました。
ちゃんと余裕を持ってやっておきましょう。



④国際免許取得


アメリカで車を運転するには国際免許なるものが必要です。日本の普通免許じゃだめです。

といってもまた教習を受けなおしたりする必要は一切なく、免許さえ持っていれば所定の免許センターで普通に発行できます。
私は江東運転免許試験場で発行しました。

手続自体はすぐ終わります。
20分くらいで発行に2,350円かかります。
5×4センチの顔写真が必要です。

ちなみにアメリカは左ハンドル右車線なので日本と逆です笑
慣れないと逆走したりウィンカーを出そうとしてワイパーを動かしたり恥ずかしい思いをします。
先にYouTubeでアメリカの運転動画を見てイメトレしておきましょう。

⑤レンタカー予約

現地で借りるレンタカーを予約しましょう。

一応Expedia系列のカートローラー?っていうサービスを案内されたので電話してみましたが、日本語が微妙&Rentalcars.comの方が安かったので自分でとりました。
https://www.rentalcars.com/ja/

ラスベガスは市中にもレンタカー屋はあるっぽいですが、台数やレンタカー会社は圧倒的にマッカラン空港(ラスベガスの空港)が充実してるので結局そこになるかと思います。

⑥ポケットWi-Fi

日本のスマホで通信しようとすると高額な請求が来るみたいです。
なのでWi-Fiに接続して使うことになりますが、施設にいないと使えないのは不便過ぎますよね。

海外用のSimを指すとか選択肢はあるみたいですが、私はイモトのWi-Fiを借りました。
https://www.imotonowifi.jp/
けちって3Gのコースにしたんですが、速度遅いし標高が高いとつながらないのでキレそうになりました。

6日間のレンタルで6,480円でした。

⑦クレジットカードとドル

アメリカではほとんどのお店でクレジットカード決済ができます。
私はアメリカでも安定の楽天カードです。

とはいえ、JCBが使えなかったり日本のカードがそもそも使えない場合があるのでドルを持っていきましょう。
現地で円→ドルに交換すると手数料高いので成田空港でドルにしておくべきです。

特にカジノではドルをそのままスロットに挿入したりチップと交換したりします。
クレジットカードでもチップを買えるらしいですが、やり方分からない&手数料高いので諦めました。

⑧あると便利なアプリ

・United航空公式アプリ

今回のフライトは全てUnited航空だったので公式アプリをインストールしました。
フライト24時間前になるとアプリ内でチェックインができます。
バーコードが表示されるのでそれを見せて入場できてめっちゃ便利でした。

・Rentalcars.com公式アプリ

レンタカーの予約内容がすぐ見れるので便利です。
いちいち予約確認メールを引っ張ってくるのって面倒ですよね。

・Uber

アメリカではUberが流行ってます。
空港に専用の乗り場があるくらいです。
残念ながら私は電話認証がうまくいかなくて登録できませんでしたが、タクシーより安い?らしいのでUberの方がいいかもしれませんね。
帰国後に認証を試してみると登録できたので、国内にいるうちにやっておきましょう。

以上大体こんな感じで準備しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です