ラスベガス&グランドキャニオンに行ってきました 2日目 〜The oasis〜

1日目はこちら
ラスベガス&グランドキャニオンに行ってきました 1日目 〜Vegas night〜

時差ボケもあり、昼前に起きました。
誰に縛られることもなくゆっくり行動できるのも一人旅の強みですね!

ホテルのスタバで朝食を食べて、ベガス観光に行きます。

ラスベガスは砂漠気候

ケッペンの気候区分ではラスベガスは砂漠気候に分類されます。

9月下旬、まだまだ暑いです。35度。
ただ日本と違って湿気がない!快適な暑さでした。

観光といっても、カジノをやるのも退屈なのでとりあえず歩ける距離まで歩きます。
名著「地球の歩き方」によるとカジノはもちろんショーが盛んなようです。
ショーには興味がないので、とりあえずGoogle Mapで周囲をチェック。

Google Mapにとんでもない日本語が表示されていることに気がつきます。
エロい遺産博物館??
ググってみると、秘宝館的な施設らしいです。なぜ日本語で出てきたかは謎。

距離的にもちょうど歩いていける距離なので、そこをゴールにしてラスベガス観光することにしました。



ファッション・ショー


ストリップを北上していくとファッション・ショーがあります。
その名の通りファッション・ショー(パリコレ的な)でもやる施設かと思ったんですがショッピングモールでした笑

フードコートがあったので昼食。
日本のイオンみたいですね、、、

Erotic Heritage Museum


ファッション・ショーの裏側にエロい遺産博物館があります。
もうなんか寂れてますね笑軽くホラーですが勇気を出して入場。
入館料15ドルを払います。ちなみにstudentは10ドルらしいです。

中の写真はアップできませんがまじで下らないです笑ラスベガスで時間が余った方はぜひ行ってみてください。

他にも色々見て周りたかったんですが徒歩だと対して移動できません笑
車借りとくべきでしたね、、、

カジノに挑戦!

暑すぎて夕方にはホテルに帰ってきました。
3日目の朝が早いのでまぁ早く寝てもいいんですが軽くカジノをやることにしました。
ちなみに、カジノ内は撮影禁止らしいので写真はありません、、、

ラスベガスのカジノはなんとドリンク無料です!ウェイターが注文を聞きに周ってきます。
ドリンクをもらったらちゃんとチップを渡しましょう。1ドルでOKです。

スロット

カジノの基本スロットから。
ドルをそのまま投入します。メダルゲームと違って現金をベットするのが新鮮ですよね。
基本的にはベットを増やせばラインが増えて当たりやすくなるみたいです。MAXベットでくるくる回しましょう。
中断する時はCASH OUTを押すとドルと交換できる引換券が出てきます。CASHERに行って賞金ゲットになります。

1人でもくもくとやれるのでコミュ障にはおすすめです、が、戦略とかないのであんま面白くないかもです。
お金が増えたり減ったりするのを見るのが楽しいかもしれません。

ルーレット


カジノの定番ですね。ルールが単純なので挑戦しやすいです。

ドルをチップに替えてベットしていきます。
まぁかけ方は色々ありますが、一番単純なのは赤か黒にかけて当たったら2倍になるやつじゃないでしょうか。

ただし、注意しなければいけないのはテーブルごとにMinimum Betが決まっていることです。
Minimum Betとは掛け金の最低金額です。
よく分からないままテーブルについてしまって25ドル一瞬でなくなりました笑
ちびちび楽しみたい方はMinimum Betを確認しましょう。
初心者は5ドルくらいからがいいんじゃないでしょうか。

席をたつときにはディーラーにチップを渡すらしいです。まぁ負けた時は渡す必要がないとか、買った金額の1割とか一律5ドルとかいろいろ説はあるみたいです。

結局カジノで50ドルくらい負けたので萎えて帰りました。

ラスベガス&グランドキャニオン 2日目まとめ

✓ ラスベガスは9月でも暑い
✓ ラスベガスでは車があったほうが観光できる
✓ カジノはMinimum Betに注意

おすすめ記事!
ラスベガス&グランドキャニオンに行ってきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です