群馬,松本覚司さん(62)住宅全焼!3人の遺体が見つかる!

F27日未明、群馬県高崎市で住宅が全焼

3人の遺体が見つかりました。

その家に住む松本覚司さんとその妻、長男と連絡が取れず。

出火原因とご家族がどうなっているのか調べてみました。




 

事件概要

27日未明、群馬県高崎市で住宅が全焼し、3人の遺体が見つかりました。この家に住む夫婦と長男の合わせて3人と連絡が取れなくなっています。  午前1時半ごろ、高崎市箕郷町の住宅に住む女性から「大きな物音がして外を見たら玄関先が燃えている」と119番通報がありました。  火が出たのは松本覚司さん(62)の住宅で、約3時間後に消し止められましたが、焼け跡から3人の遺体が見つかりました。  警察などによりますと、松本さんは4人暮らしで、松本さんと59歳の妻、それに27歳の長男と連絡が取れなくなっています。  消防に通報した32歳の長女は2階にいて火事に気付き自力で避難しました。長女はその際に軽傷を負っています。  警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、出火の原因を詳しく調べています。

引用:Yahoo!ニュース

2階でいた長女の娘が火事に気付いたようで消防に通報したそうです。

長女は軽傷を負いましたが自力で避難しました。

逃げ出した娘さんが近隣の人に『お父さんとお母さんがまだ中にいる』と言っていたそうですがなにもできなかったそうです。

出火原因は今のところ調査中とのことです。

木造住宅ということなのでもしかしたら火の元の不注意によるものではないかと思います。




 

火災場所

今回の火災が起きた現場は高崎市箕郷町の住宅です。

JR高崎駅から北西に7キロ余り離れた住宅地です。




出火原因

出火原因は今のところ調査中とのことで

わかり次第随時報告させていただきます。

冒頭でも考察しましたが、木造住宅ということもあり

火の元の消し忘れの可能性も考えられます。

それと、2階にいた娘さんだけが助かったということなので

出火場所は1階の可能性が考えられます。




 

群馬県火災件数

令和2年(1月~12月)における群馬県内の火災件数(速報値)について

1 火災件数

群馬県内の令和2年1月~12月までの総出火件数は、639件で、前年同期比805件で166件減少しています。
火災種別でみますと、建物火災が338件、林野火災が9件、車両火災が92件、その他火災が200件でした。

2 火災による死者数

火災による死者数は、28人でした。
そのうち逃げ遅れによる死者数は14人です。
また、火災による負傷者は104人となっています。

3 出火原因について

出火原因別にみますと、たき火73件、たばこ48件、放火(疑い含む)38件、コンロ34件の順となっています。

これから、空気が乾燥し、ひとたび火災が発生すると拡大する可能性が高く、火の元には十分注意が必要になります。

火災を予防するため「住宅防火いのちを守る7つのポイント(3つの習慣・4つの習慣)」を守りましょう。

引用:群馬県ホームページ

 

群馬県ホームページによると原因にたき火、たばこ、放火、コンロと順に上がっています。

今回の原因として考えられるのは時間的に考えても『たばこ』、『放火』のどちらかではないかと考えられます。




 

 

ネットの反応

わりと近いので本当に痛ましいです。息子は夜中のサイレンとともに焦げ臭いニオイもかすかにしていたと言っていました。

 

火事のニュースは何度見ても恐ろしく
もし自分の身に降りかかったらと考えると
とても憂鬱な気分になってしまう
いくら気を付けていても起きるときは起きる
病や事故を含め明日は我が身と考えてしまう

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)