FP3級受かったけど、意味あった?

どんな人でもお金を気にせずに生きていくことはできません。お金は人類最大の発明ですが、同時に自由や選択肢を狭めてしまう場面も少なくありません。

給料は?家賃は?飲み代は?税金は?貯金は?年金は?…など、お金のことを気にしだしたら本当にキリがありません。本来はそんな些細なことに心配するのではなく、もっと有意義なことに人生の時間を使って然るべきです。

とはいえ、私も例に漏れず心配事は多いです。特に、社会人になってからというものやたら税金を払っている気がします。正直、税金と年金と保険料の区別がよくついていません。何にいくら払っているのかが分からないのです。(私だけ?笑)

ファイナンシャルプランナーを受けてみた

勉強も兼ねてファイナンシャルプランナー3級を受けてみました。よく保険の営業の人の名刺に書かれているアレです。流石に3級はいないでしょうけど…

元々株とかで投資の知識はあったので、保険や税金の勉強を集中的にやりました。結果はわりとぎりぎりで合格です。まぁ3級なんでね…2級は結構難しそうです。

その資格意味あった?

ぶっちゃけ、取る前と取ったあとで知識はあまり変わった気がしません笑所得税が20.315%なんだなとか、保険には純保険料と付加保険料があるんだなってくらいです。

その辺は調べれば分かりますし、制度だって変わるので覚えている事自体にはあまり意味は無いように思います。

ただ、Web記事で資産運用の記事を書くことが多いので肩書には使ってます。まぁ3級じゃ大して箔がつかないのも知ってますが、ないよりはマシでしょうか?

2級あれば本職でも使えそうな気もしますが、保険屋には興味がないので微妙ですね…

3級でもいいよって方いたらお仕事の依頼受け付けます!!ぜひ!?!?

2018/1/1 追記

実は2級に申し込んだのですが、全く勉強しなかったので試験会場に行きませんでした。笑試験料8000円が完全に無駄になりました、ファイナンシャルリテラシー低すぎですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です