私がクレジットカードを使う最大の理由

しばしば現金派とクレジットカード派の論争が起こります。私はコンビニでコーヒーを買うときですら100円玉は出さないほどのクレカ至上主義です。

私含め現金よりクレカを優先して使う人々は「ポイントが貯まる」とか「財布が軽くなる」とか「決済が楽になる」などクレカのご利益をたくさん知っています。

しかし、私がクレカを使う一番の理由はもっと本質的なものです。

クレジットカードは使った時点で実は得をしている

ここでいうクレジットカードの使い方は一括払いで年会費ゼロの場合です。念のため。

クレジットカードを使うと、上限額(例えば50万円)まで買い物をしても支払いを来月まで伸ばすことができます。ちなみに、現金派の人はここで自分の金使いに不安を覚えて脱落します。クレカだとついつい使いすぎてしまう模様です。

この、支払いを1ヶ月のばせる=1ヶ月間現金を手元においておけるということが重要です。50万円を1ヶ月の間支払わずに現金としておいておけるのが嬉しいのです。



現金があるとなぜ嬉しい?

1ヶ月間長く50万円を持つことができました。何が嬉しいのでしょうか?

一番分かりやすいのが預金です。預金として銀行に1ヶ月の間50万円を預けるとどうなるでしょう?利子を稼いでくれます

まぁ、今なんかは銀行の金利はオカモトゼロワンの薄さよりも小さいのでたかが知れてますが。

参考 みずほ銀行 円預金金利

ですが、これが預金ではなく年利12%の投資先だったらどうでしょう?1ヶ月で50万円は5000円稼いでくれます。

さすがに12%はできすぎですが、ここで主張したいのはお金にはお金を増やす性質がある。だからなるべく現金は手元に残しておいたほうが絶対に得をする。ということです。

もっと言うと、クレカは使った時点で得をすると考えることができるのです。

無利子の奨学金も同じ

奨学金という制度も非常にお得です。なぜなら、無利子で何百万円も貸してくれるからです。(第一種、人的保証に限る)

借りるだけ借りておいて預金しておくだけで得をするのです。預金でなくて有力な投資先に投資できればさらに嬉しいです。無利子の借金は借金を元本としたときの、利回り分のお金をもらっていると考えることができます。

なので、奨学金の繰上返済はリテラシー低いです。なるべく現金を手元に残しましょう。

便利なクレジットカードだけど、損する場合もある

クレカは普通に使ってると得しますが、年会費リボ払いは話が別です。

年会費を払ってカードのランクをあげると確かに限度額は増えますが、普通の人は月100万円も決済しません。過度な保証も余計です。

リボ払いも現金が手元に残ってくれる代わりに利率分お金が取られていくので損しています。まぁリボ払いの利率以上に有力な投資先があるならば話は別ですが…。

さぁ、クレカ生活をはじめよう!

国民全員がクレカを使えば現金が消えて、コンビニ強盗もいなくなります。財布の紐もゆるくなって経済が活性化します。

ただクレカだと飲み会とかのときに割り勘はできないんですよね…paymoは使ってみましたが、領収書が必要でめんどいのでいまいちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です