沖縄に行っていました 座間味島

座間味島は沖縄県の離島で、那覇の泊港(とまりこう)から高速フェリーで1時間です。


座間味港です。
沖縄本島の海もきれいですが、離島はもっときれいです!青くて透き通ってますね〜

座間味島では、シュノーケル・カヤック体験→キャンプをやりました。かなり日に焼けます

ケラマカヤックセンター

今回、ケラマカヤックセンターの方にマリンアクティビティの案内をやっていただきました。
半日コースで7000円ですが、料金以上の充実のサービスでした!

まずは座間味港まで車で迎えに来てもらいました。
5分くらいでケラマカヤックセンターに到着!

きれいな建物です。冷房が涼しくてまさにオアシスです笑
ちなみにトイレもウォシュレット付きで清潔でした、潔癖の方も安心です。

座間味の海

足にフィンを付けて座間味の海でシュノーケル体験です。泳ぎが苦手な方でもライフジャケットがあるので安心です。

こんな近くでカメ見れます。

カヤックも体験できました。パートナーと呼吸を合わせてえっちらおっちら進みます。
始めてでしたが、腕が結構疲れます笑 目的地の無人島に無事到着したときは達成感ですね。

ツアー終了後、ケラマカヤックセンターまで送ってもらい、シャワーを貸してもらいました。
周辺を散策後、キャンプ場まで送っていただいてとても助かりました。ツアーに参加しただけですが、色々と面倒を見てもらいました。
ケラマカヤックセンターの皆さん、ありがとうございました!

阿真ビーチキャンプ

夜は阿真ビーチでキャンプです。
キャンプとバーベキュー設備の費用が4000円くらいなので節約になります。
バーベキューの食材などは港近くの105ストアで買っておきましょう。
ちなみに、キャンプ管理事務所からzamami_free_WiFiが出ています。つながりませんが…

夕日が沈む瞬間は絶景で、夜空もきれいです。

島に移住できるか?

最近、リテラシーの高い人々の間で盛んに議論されている「地方移住」について座間味島をリサーチすることができました。
座間味島の人口自体はやや減っているものの、観光客は増えているのでビジネスもできそうです。

実はアパートが足りない

座間味の住居はどこも満室らしく、新しく人が移住するには難しいそうです。新しく家やアパートを建てるとしても、本島から木材や人員を運んでこなければならないのでコストも高くなります。

電波が通らない

港付近は電波が通じますが、キャンプ場の辺りはほぼ圏外です。ワイモバイルだからかもしれませんが、他の格安simも同様でしょう。
電波の有無は、地方移住において必須インフラです。ネットビジネスやコンテンツ発信ができません。

物価は少し高い

本島よりも物価が高いです。
普通沖縄と日本内陸だと、物価は 沖縄<日本内陸 のはずです。 ですが、沖縄の離島の場合 沖縄<日本内陸<離島 になります。 貨物船で運ぶコストがかかるので、離島は物価が高いんですね〜 ただ、買い物自体はamazonでばっちりだそうです笑 内陸の地方とはまた事情が違いました。島が好きで、島をもっと便利にしたい!と考えているビジネスパーソンにはいいかもしれません。離島は面白いコンテンツがたくさんあるので、もっと発展していって欲しいですね〜

座間味島終了

翌朝の座間味港発の高速船で、那覇の泊港まで帰ってきました。
豊かな自然に囲まれた座間味島、ぜひ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です