本を売るならBOOK・OFF!?

今日は久しぶりにブックオフで本を売りました。

私はメルカリでせどりをするくらいメルカリには精通しています、なぜ一見低リテラシーな行動をしてしまったのでしょうか。

メルカリでなくてBOOKOFFのわけ

もちろんまずはメルカリで本を出していたのですが、3日経過してこんな感じでした。

いいねはおろか、ウォッチも全くついてません…

価格は全部500円くらいだったかな…

参考書系の本は毎年新しいのが出てるので価値が下がりやすいです。500円は割高だと思いましたが、300円とかにすると売れたとしても送料と手数料で利益が100円とかになってしまうのです。

売れる見込みナシと判断したので、部屋のスペース確保を優先してブックオフで売ることにしました。

ブックオフだとどうなの

ブックオフだと買い叩かれることは当然知ってます。子供のときも何回か漫画やゲームを売ってましたが、毎回家族で笑いの種になってました。

一本4000円のゲームソフトが50本で500円かよ!とか。なんならスーファミのソフトとかもあったからもうちょっと高かったかもしれません。あれ一本7000円くらいしましたよね??

ちなみに、今だと名作SDXは千円くらいで売れるみたいです。

話が逸れました、これが今回の売上です。さりげなく他の本も売ってます。

かなりしょっぱいですね…

実はTOEICの本とか書き込みがあったのですが、店員さんが機械使ってバーコード読んで一瞬で価格提示されましたね。せどりマシンみたいなやつです。

雑誌は業界地図です。就活のとき買ったやつなので古いせいか10円でした。

まとめ

ブックオフでめだかボックス読み直しました。ジャンプ+で続き読むのが楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です