Chromebookを4ヶ月使った感想

こんにちは、台風が関東に接近しています。こういうときはブログを更新するに限りますね。

今日は私のコンテンツ作成機である、Chromebookについて紹介します!

6月に買って毎日愛用しています。

Chromebookとは

その名の通り、GoogleChromeでのブラウジングに最適化されたノートパソコンです。つまりネットブックって呼ばれたりラップトップって呼ばれたりもします。

日本ではまだあまり普及してません。実店舗にはほぼ置いてないので通販で買うことになります。

この時点でガジェット詳しい感が出せますね。

OSはChromeOSっていうやつです。

Chromebookの強み

①安い

私が買ったもので3万円です。普通ノートを新品で買うと5万くらいはすると思いますが、Chromebookはいずれの種類も安いですね。

②早い

起動が爆速です。電源押したら秒でブラウジングできます。

スマホとかタブレットの感覚に近いですね。

③電源持ちがよい

大体8時間くらいは持ちます。出先でも安心ですね。

いずれもChromebookが「ブラウジング特化型」のコンセプトで作られているため実現しています。不要な機能を省きまくった結果、このような高コストパフォーマンスに繋がっているのです。

Chromebookの注意点

上記のコンセプトの元作られているので、普通のパソコンだと思ってはいけません。

①スペックは低い

私が買ったものでメモリは2G、CPUもよく分からないロースペなものです笑もちろんYoutubeとかは問題なく見れるのでOKです。

②本体ストレージはほぼない

内部HDDは16Gです。Chromebookのコンセプト通り、Googleドライブなどにデータを保存して利用するしかありません。

③大衆的なソフトが使えない

WindowsとかMacで使えたソフトはほぼ使えません。Chromeウェブストアで似たソフトを探すしかないですね。
最新版のChromebookならAndroidアプリも使えるのであまり困ることはありません。

④ネットに繋がってないとそもそもChromeが使えない

あらゆる機能をオンラインで行うので、ネット環境がないとオフラインでドキュメント作成くらいしかできません。

やはりChromebookはブラウジングや簡単な作業しかできないですね。

⑤USキーボードが使いづらい

キーボードが日本のものと微妙に違います。
設定を直せばいいだけなのですが結構大変です。_とか|がキーボードから出すのに一苦労です。

対策としてはユーザ辞書登録くらいしかないのでやんごとないですね。

まとめ

パソコンなんてネットサーフィンくらいしかしないよって人には最強です。
ドキュメント作成もGoogleドキュメントでこなせるのでOfficeがなくても余裕です。

開発がしたいとか、がっつりゲームがしたい場合は向かないですね。なんせスペックが低すぎます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です